今井重機建設株式会社

お問い合わせ:Tel:0763-22-3706

経営理念・沿革

  1. 企業の発展と安定した雇用を通じて社会に貢献する。
  2. 健全な経営基盤の構築と絶えることのない技術の向上により、顧客のニーズに応える。
  3. 社員が生き甲斐を持って働けるよう、常に安全で明るい職場つくりに努める。

沿革

昭和37年
(1962年)
創業
昭和43年
(1968年)
今井重機建設株式会社創立
・橋梁架設、橋梁、建築部材の輸送を主体とし営業を開始。
・橋梁メーカー各社の架設工事を中心に、工事・重機・輸送の3本柱の一環体制で今日に至る。
昭和61年
(1986年)
栃木県西那須町(現:那須塩原市)に営業所を開設。
平成2年4月
(1990年)
日本海側初の300t油圧トラッククレーン(DEMAG HC810J)の導入。
・橋梁一括架設の対応に図る。
平成4年4月
(1992年)
川田建設株式会社の那須工場稼働に伴い、PC桁の本格輸送開始。
160t油圧オールテレーンクレーン(DEMAG AC435J)導入。
平成5年6月
(1993年)
物流部門とし富山県射水市に小杉営業所開設。
・流通の多様化に対応。
PC桁横取り機(Cap.120T)を導入。
・PC桁の横取り機械を開発し、現場作業の省力化を図る。
平成15年9月
(2003年)
500t油圧オールテレーンクレーン(TEREX AC500-1)導入。
・工事の大型架設に対応。
平成22年2月
(2010年)
360t油圧オールテレーンクレーン(TEREX AC350)導入。
平成24年
(2012年)
創立50周年記念
多軸台車モジュールを導入。
・北陸新幹線工事に伴い、重量物運搬に対応。
平成25年3月
(2013年)
200t油圧オールテレーンクレーン(TEREX AC200-1)導入。
平成29年3月
(2017年)
PC桁横取り機(Cap.200T)を導入。
・PC桁の重量化への対応。
平成29年12月
(2017年)
700t油圧オールテレーンクレーン(TEREX AC700)導入。※日本に5台
・北陸新幹線延伸工事、工事の効率化、重量物据付工事に対応。
平成30年3月
(2018年)
70tラフタークレーン(TADANO)の増車。
平成31年1月
(2019年)
5軸トレラー台車(FAYMONVILLE)の導入。
平成31年3月
(2019年)
解体工事業許可を取得。
令和1年
(2019年)
栃木工場増設
令和2年12月
(2020年)
SCANIA製トレラーヘッド増車
令和3年3月
(2021年)
Goidhofer(多軸台車6軸モジュール)を導入。
テント倉庫増床