今井重機建設株式会社

お問い合わせ:Tel:0763-22-3706

安全衛生方針

基本方針

当社は、「安全第一」の理念に基づき、労働安全衛生に関する法令並びに自社の労働安全衛生管理規定を遵守し、健康で快適な職場環境の構築を目指す。

行動方針

当社は、安全衛生基本方針に基づき、次の事項を実行する。
  1. 「災害防止の取り組み」を経営の最重要事項として位置づける。
  2. 三現主義(現場へ行って・現物を観て・現実を考える)を、実践することで労働災害の撲滅を図る。
  3. リスクアセスメントに基づき、労働安全衛生目標を設定し、安全衛生の継続的な改善に会社全体で取り組み、負傷・疾病の防止に努める。
  4. 事業活動に関わる労働安全衛生リスクを低減すべく、重点的に次のリスクの低減を目指します。
    1. 事故・災害の撲滅
    2. 輸送中・作業中の交通災害ゼロ
    3. クレーン等重機による労働災害ゼロ
    4. 墜落・転落災害ゼロ
    5. 指差呼称による安全確認の実践
  5. 労働安全衛生教育訓練を充実させ、全従業員及び協力業者に本方針並びに重点管理事項を周知し理解させ、実行させることに努める。
2021年4月1日
今井重機建設株式会社 代表取締役社長 米澤 茂與
〇 2021年度 安全衛生目標

本社 / 小杉営業所 / 栃木営業所

〇 2021年度 安全衛生管理計画書

本社 / 小杉営業所 / 栃木営業所

令和3年度 運輸安全マネジメントの取り組み  (期間 2021年4月1日 ~ 20222年3月31日)

 当社 安全衛生方針を基本に、「輸送中・作業中の交通災害ゼロ」を目指し、「輸送の安全」を達成するために、「安全マネジメントシステム」として構築し運用する。

【 経営者の責務 】

  1. 輸送の安全の確保に関する最終的責任を有するものとし、全社的な安全性の向上の取組を主導し、会社全体に安全意識の浸透を図る。
  2. 輸送の安全を確保する為、予算の確保・体制の構築など必要な措置を講じる。
  3. 継続的な輸送の安全性向上を図る為、計画(P)・実施(D)・評価(C)・改善(A)のサイクルの実践 により、継続的に輸送の安全性の向上を図るため、業務の実施及び管理状況の適否を常に確認し、 必要な改善を行う。
  4. 安全マネジメントを担当する従業員の配置、指揮命令系統その他輸送の安全に関する責任ある組織体制を構築する。

輸送の安全に関する基本的な方針(2021年度)

  • ・輸送の安全確保は我社の根幹
  • ・安全に関して継続的改善を行い、環境に配慮し無事故社会を実現する 
  •  輸送の安全性向上を最重要課題と位置づけ全社員で事故削減に努める。

社内への周知方法

  • ・「安全方針」を全従業員に配布し 社内及び営業所等に掲示する。
  • ・朝礼時、点呼の際に唱和することを習慣化する。

輸送の安全方針に基づく具体的な目標

  1. 輸送車両事故発生件数に対し50%以上削減する。
  2. それ以外の人身事故 ”0”を目指す。
  3. 積荷事故 ”0”を目指す。
  4. エコドライブを実践する。
  5. 車両の日常点検を確実に実施する。

目標達成のための具体的な計画

  1. 運行管理体制の充実強化:個々の乗務員の拘束時間・運転時間・連続運転時間・休憩時間・休息時間等を把握し過労運転の防止を図る。
  2. 等速運転の実施:一般道 60km/h 高速道80km/hを厳守する。
  3. デジタル式運行記録計(デジタコ)の有効活用:チャート紙の管理・指導
  4. 安全対策会議の実施:年間4回 事故事例報告、危険予知トレーニング他
  5. ヒヤリハットの情報を活用する。

社内における安全に関する情報交換方法

  • ・従業員とのコミュニケーションの充実により、ヒヤリハット体験を収集する。
  • ・朝礼、点呼時、毎月の安全衛生委員会の中で意見交換を行い、各種情報等 水平展開を行う。

社内における安全上の問題点反省事項

  • ・安全運行に関するドライバーの意識が不十分。
  • ・どんな小さな不具合でも重大事故の前触れとして捉え、拡大する前に撲滅する。
  • ・連鎖を断ち切る。

問題点に対する改善方法

  • ・把握した問題点を社内掲示し、ミーティング時及び点呼時に注意喚起する。

運輸安全に関する目標達成状況 (2020年度)

  1. 輸送車両事故発生件数に対し50%以上削減する。 未達成
  2. それ以外の人身事故 ”0”を目指す。     達成
  3. 積荷事故 ”0”を目指す。          未達成
  4. エコドライブを実践する
  5. 車両の日常点検を確実に実施する。 運行不可0件 (0件)

運「自動車事故報告規則第二条」に規定する事故に関する情報・・・・0件

2021年4月1日
今井重機建設株式会社 代表取締役社長 米澤 茂與
〇 2021年度 輸送の安全教育実施計画書

今井重機建設安全大会開催

令和3年1月4日

【斉藤会長挨拶】

 「エイジフレンドリーガイドライン」の策定など、職場における高年齢労働者の役割がますます高まる中、 すべての人が安全で心身ともに健康に働くことができる職場の実現を目指し全員で取り組んでいきましょう。

【米澤社長挨拶】

今、一番大事なのは安全第一を忘れずに運転・作業することです。事故を起こして得なことはありません。
仕事で一番大切な信頼がなくなります。事故は絶対に起こしてはいけませんし起こさせてもいけません。
そして、社員のレベルアップが必要です。社員の高い技術が必要です。
今、この業界は、一生懸命働き、レベルアップする会社が残れると思います。
皆さん、一層の協力をお願いします。

【安全表彰】

 「永年勤続20年表彰並びに、優良従業員表彰、優良無事故運転者表彰、 労働災害防止優良従業員表彰、社内ヒヤリハット年間最優秀賞授与を行いました。

斎藤会長から、永年勤続20年表彰を受けられる風間浩二さん。  

無事故20年表彰を受けられる杉森美加夫さん。

社内研修

階層別教育(本社輸送部)

令和2年4月28日 今井重機建設(株)本社研修室

荷崩れ防止のための積付け・固縛の注意点

  • ・「安全輸送のための積付け・固縛方法について」      全日本トラック協会編
  •    荷崩れはなぜ起きるか、荷崩れしにくい積付け方法、固縛に関する禁止事項
  • ・「トラック荷台での積荷の安全・適切な固定・固縛」    陸災防協会編
  •    (レバーブロックとベルトラッシングの基本的な取扱い方法)
  • ・「DVD観賞」 運転者のためのトラックの安全運行    全日本トラック協会編  

交通事故や労働災害の防止と安全輸送のポイントについて再確認しました。プロのドライバーとして、一人一人のレベルアップをはかり、今後もお客様の信頼を得られるよう努めていきます。

階層別教育(本社工事部)

令和2年8月17日 今井重機建設(株)本社研修室

工事担当者 能力向上教育

  • ・職長・安全衛生責任者の職務
  • ・ヒューマンエラー防止活動と危険予知 : 危険予知と有効なマンネリ対策、作業変更時の手順と措置
  • ・「DVD鑑賞」 : 送検事例に学ぶ協力会社の事業者責任 
  •            -あなたは安全配慮義務を知っていますか-

安全配慮義務違反による民事損害賠償責任の事例を学び、仲間が安全で健康に働くことができるよう知識を深め日々の業務に活かしていきます。

階層別教育(本社輸送部)

令和2年9月11日 今井重機建設(株)本社研修室
  • ・秋の全国交通安全運動で安全意識を高めよう(9月21日~30日まで)
  • ・トラック重大事故事例 事例紹介・対策 交通共安全対策部 
  • ・危険予知訓練    交通共KYTシート 

車の誘導者は、常に他の交通に万全の注意を払っているとは限らない。出てこないはずだと思い込まない。

トラック運転者適正診断(一般診断)

令和2年11月4日~10日 今井重機建設(株)本社研修室・小杉営業所

心理・生理の両面から、トラック運転者性向の基本要因の諸特性を明らかにするための適正診断(一般診断)を受診しました。
独立行政法人、自動車事故対策機構富山支所(NASVA)よりインターネット 適正診断貸出機器を利用しました。
受診者 本社 14名、 小杉営業所 10名  


階層別教育(本社輸送部、工事部、クレーン部)

令和2年11月21日 今井重機建設(株)本社研修室

・エコドライブのすすめ

  • エコドライブの効果
  • エコドライブの10のすすめ 
  • デジタコの活用 

省エネ運転を実施することで、安全運行が実施できることを改めて理解できました。
エコドライブ実施チェックシートをうまく活用し、自動車事故”0”、交通違反”0”を目指します。

階層別教育(本社輸送部)

令和2年12月25日 今井重機建設(株)本社研修室

・健康管理と安全運転 

  • 健康チェックシートによるリスク度チェック
  • 健康起因事故を惹き起こす病気、 
  • 病気の原因と生活習慣病等の予防方法 

過労死等と健康起因事故の現状、心臓疾患、脳血管疾患、SASの発生のメカニズムを学びました。
生活習慣病にかかる原因を認識し、1日の行動を振り返り、正しい予防と対策で健康生活に努めます。

移動式クレーン運転員登録

令和3年2月17日・18日・20日 今井重機建設(株)本社研修室

鹿島北陸支店教育資料に基づく、移動式クレーン登録運転員安全教育。

  •  (今井重機建設 移動式クレーン登録運転者 受講者数 :9名)   3回に分け実施
  • ・新ブルドン抹消検査試験
  • ・移動式クレーン安全教育
  •  (安全装置について、鹿島ルールの確認、過去に発生した事故事例、まとめ)

新ブルドン抹消検査試験に真剣に取り組むクレーンオペさん 

本社輸送部 国交省告示1366 12項目

令和3年3月27日 今井重機建設(株)本社研修室

「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」

  • 国土交通省告示第1366号(平成28年4月改正、平成29年3月施行)に基づく、
  • 一般的な指導・監査の指針12項目 運転者教育

12項目を各月々に1項目づつ分け 毎月毎に計画を立てて教育を行っていますが、復習を兼ねて今回、全部通しで研修会として実施しました。新年度を迎えるにあたり、再確認できました。

  • 事業用トラックドライバー研修テキスト
  • 全日本トラック協会編集(平成29年3月)

安全教育

初任運転者に対する特別な教育(輸送部)

令和2年4月3日~10日 今井重機建設(株)本社研修室

特定の運転者(初任運転者)に対する特別な指導指針に基づく教育。

  • ・一般的な指導及び監督内容 12項目 
  • ・上記内容を座学および実車を用いた実習

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育

(安衛則の一部改正により、平成31年2月1日から施工) 
令和2年4月2日 今井重機建設(株)本社研修室
令和2年12月2日 今井重機建設(株)本社研修室

足場の組立て等の業務に係る特別教育

 工事部新規入場者 
令和2年4月1日 今井重機建設(株)本社研修室
令和2年6月30日 今井重機建設(株)本社研修室
令和2年12月1日 今井重機建設(株)本社研修室

社内研修  小杉営業所

階層別教育(小杉営業所)

令和2年6月5日 今井重機建設(株)小杉営業所会議室

・自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)の遵守が会社を守る

  • 改善基準告示の概要、拘束時間とは・休憩時間とは・休日とは
  • 運転時間の制限、ツーマン運行とは

交通事故防止の観点から通常とは異なる安全基準が設けられています。
もう一度、改善基準告示を見直して事故防止へと結びつけ、悲惨な事故がおこらないよう
決まりを守って、安全運転に努めていきます。

階層別教育(小杉営業所)

令和3年1月4日 今井重機建設(株)小杉営業所会議室

・健康管理と安全運転 

  • 健康チェックシートによるリスク度チェック
  • 健康起因事故を惹き起こす病気、病気の原因
  • 生活習慣病等の予防方法

社内研修  栃木営業所

階層別教育(栃木営業所)

令和2年7月15日 今井重機建設(株)休憩室
  • ・貨物の正しい積載方法
  • ・積付けの偏りによる横転事故に注意しよう
  • ・決められた通行ルートを守ろう
  • ・台風など異常気象時には、安全なルートを通ろう

特殊な許可運行は、通行ルートが限られるので、通行指定道路を走行しなければならない。
異常気象時は、水没・横転事故の危険等、危険経路を避けることを再確認しました。

外部講師による安全研修会

社内研修   鋼橋の安全輸送

トレーラーの横転事故と社会的責任

講師:川田工業(株)富山工場 製造部製造二課輸送係
   南部 順一 氏

令和2年5月30日 今井重機建設(株)本社研修室
令和2年6月1日 今井重機建設(株)本社研修室

輸送事業は物流やライフラインを支える公共性が高い仕事であるが、 一度事故を起こすと社会的損害と影響力の大きいことを改めて認識しました。事故を絶対に起こさないという 信念を持って運転業務に臨み、他の運転者の模範となるよう努めていきます。

「DVD観賞」

  • ・国際海上コンテナー積載トレーラー横転実証実験  トラック協会製作
  • ・従業員の交通事故と企業リスク  (一財)全日本交通安全協会推薦
令和2年6月4日 今井重機建設(株)本社研修室